ニュースリリース

NEWS / NEWS RELEASE

ニュースリリース

≪ 前のニュース | ニュースリリース一覧 | 次のニュース ≫

市川大祐選手(現 ヴァンラーレ八戸)からのメッセージ

2016年11月18日

先頃、引退を発表されたヴァンラーレ八戸所属の市川大祐選手より、エスパルスサポーターの皆さまへメッセージをいただきましたので、ご紹介いたします。


エスパルスサポーターの皆さま、お久しぶりです。
2016シーズンで引退をしました。

サッカー王国清水で生まれ育ち、エスパルスでは下部組織で5年間、プロで13年間プレーをし、大変お世話になりました。
1993年にエスパルスジュニアユース一期生として入団をしました。
憧れであるトップチームと同じユニフォームに袖を通し、エスパルスの誇りを胸にプロサッカー選手を目指してプレーをしてきました。
1997年の天皇杯3回戦、目標にしていた日本平で初めてトップチームの試合に出場したことは、今でも鮮明に覚えています。ここがプロサッカー選手としてのスタートだと思います。
素晴らしい指導者の方々との出会いで、プレーする力、サッカーの奥深さ、敬意の心を学べたからこそ、19年間色々なチームでプレーできたと思います。
偉大な先輩方からはプロサッカー選手とは何かを学び、エスパルスの伝統、魂をプレーで示し伝えてくれました。
スタッフの皆さんには、サッカーに集中できる環境を常に用意してサポートを頂きました。

サポーターの皆さん、13年間日本一のスタジアム、日本平で日本一の応援をありがとうございました。サポーターの声援を受けてピッチに立つ緊張感、責任感、高揚感は戦う上では欠かせないものでした。
度重なる膝の怪我で何度も苦しい思いをし、プレーするのが不安で怖くなることもありましたが、もう一度ピッチに戻り、エスパルスサポーターの声援を受けてプレーしたいと、私の心を奮い立たせ勇気を与えてくれました。

今まで出会った全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!
現役生活を終えて今はホッとした気持ちと、来年からサッカーをしないんだという寂しい気持ちでいますが、サッカーに注いだ情熱を持ち、新たな道へ進んで行きたいと思います。

エスパルスJ1昇格の為に、全ての力をこの一戦に!

市川大祐



【選手歴】

 清水エスパルスジュニアユース − 清水エスパルスユース
清水エスパルス(1998−2010)
−ヴァンフォーレ甲府(2011)
−水戸ホーリーホック(2012)
−藤枝MYFC(2013−2014)
−FC今治(2015.7月)
−ヴァンラーレ八戸(2016)

【通算成績】
J1リーグ(347試合/12得点)、J2リーグ(32試合/1得点)、J3リーグ(6試合/0得点)、リーグカップ(52試合/2得点)、
天皇杯(38試合/3得点)、JFL(28試合/2得点)、

【代表歴】
2002FIFAワールドカップ日韓大会出場
国際Aマッチ出場:10試合/0得点

≪ 前のニュース | ニュースリリース一覧 | 次のニュース ≫

PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.