最新試合情報

TOP SATELLITE / RESULT

明治安田生命J1リーグ 第10節
2017年5月5日(金) 14:03 @市立吹田サッカースタジアム

テキスト実況

  • FW8 チアゴ アウベス選手<br>(C)S-PULSE
  • FW9 鄭大世選手<br>(C)S-PULSE
  • GK13 六反勇治選手<br>(C)S-PULSE
  • DF3 犬飼智也選手<br>(C)S-PULSE
  • MF20 竹内涼選手<br>(C)S-PULSE
  • MF22 枝村匠馬選手<br>(C)S-PULSE
  • MF10 白崎凌兵選手<br>(C)S-PULSE
  • DF5 鎌田翔雅選手<br>(C)S-PULSE
  • DF26 二見宏志選手<br>(C)S-PULSE
  • DF25 松原后選手<br>(C)S-PULSE
清水エスパルス 試合終了 ガンバ大阪
清水エスパルス 1 0 前半 0 1 ガンバ大阪
1 後半 1









チアゴ アウベス[49分]
得点者 [57分]倉田 秋
メンバー
Name No. Pos.   Pos. No. Name
六反 勇治 13 GK スターティング
メンバー
GK 1 東口 順昭
鎌田 翔雅 5 DF DF 22 オ ジェソク
犬飼 智也 3 DF DF 2 三浦 弦太
二見 宏志 26 DF DF 3 ファビオ
松原 后 25 DF DF 4 藤春 廣輝
六平 光成 7 MF MF 8 井手口 陽介
竹内 涼 20 MF MF 10 倉田 秋
枝村 匠馬 22 MF MF 25 藤本 淳吾
白崎 凌兵 10 MF MF 38 堂安 律
チアゴ アウベス 8 FW FW 20 長沢 駿
鄭 大世 9 FW FW 9 アデミウソン
植草 裕樹 43 GK 控え選手 GK 18 藤ヶ谷 陽介
角田 誠 45 DF DF 5 丹羽 大輝
飯田 貴敬 27 DF DF 14 米倉 恒貴
野津田 岳人 14 MF DF 35 初瀬 亮
村田 和哉 11 MF MF 7 遠藤 保仁
金子 翔太 30 MF MF 39 泉澤 仁
ミッチェル デューク 19 FW FW 53 赤崎 秀平
IN ← OUT   OUT → IN
村田 和哉 ← 枝村 匠馬[60分]
野津田 岳人 ← 竹内 涼[78分]
ミッチェル デューク ← チアゴ アウベス[82分]
交 代 [56分]アデミウソン → 遠藤 保仁
[56分]藤本 淳吾 → 泉澤 仁
[86分]藤春 廣輝 → 米倉 恒貴
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
6 7 13 シュート 12 7 5 [41分]井手口 陽介イエローカード
[62分]ファビオイエローカード
2 7 9 GK 9 4 5
0 1 1 CK 5 2 3
9 7 16 直接FK 11 6 5
3 0 3 間接FK 4 2 2
3 0 3 オフサイド 4 2 2
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
31,948人 晴/弱風
25.5℃
48%
全面良芝/水含み
90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
岩田 晃
木村 博之
唐紙 学志
川崎 秋仁
岡 宏道
加藤 雅之
ハーフタイムコメント
清水エスパルス ガンバ大阪
小林 伸二監督

・相手のクロスへの対応のとき、ポジションを再確認すること

・攻撃のとき、中央とサイドを上手く使い分けること

・相手はぱパワーを持ってくる。負けずに戦おう!
長谷川 健太監督

・ボールをしっかり動かす

・後半の入りを注意する
試合後 監督コメント
小林 伸二監督

前半から戦ってくれたと思う。後半、良い入りが出来て、点を取ってもう1回のチャンスをモノに出来れば、もう少し楽な展開になったかもしれないことと、最後のワンチャンスをモノしていればと。
あと、失点のところは安い(軽い)。あの前に1回(ミスが)あったので、少しリズムが変わったなと。その前に浮き球をイージーに取られた。あのようなイージーなミスをして相手(ボール)になると2、3分自分たちが守備をしなくてはいけないので、(もっと)精度を上げなくてはいけない。クリアしたほうがいいのか、しっかりコントロールして味方にボールを付けて、キープ出来ればもう少し違ったのではないかというところから失点してしまったのは残念だった。ただ、ホームで3(失)点という失態をした中でいくと、バックラインも高いし、守備の連動をコンパクトにしてボールを奪えていた。そこからもう少し最後のアタッキングエリアで精度が、どちらの足に付けるとか、寄ってきた選手を使ったほうがいいのか、一呼吸置いて違う選手を使うのかというところには、一手(先)か二手(先)を見ながらフリーのボランチがボールをさばく必要があったのではないか。
ホームで厳しいゲームをしたので、中4日で上手くリカバリーしてくれたと思う。(試合までの)2日間のトレーニングのスピードの質が高かったので、テンション高くテンポ良く出来たところに繋がっているのではないかと思っている。選手の頑張りには感謝しているので、勝たせてやれれば良かったと思う。


<Q.前節からスタメン3人を入れ替えた理由と評価は?>
センターバックについては良いポジションからボールへチャレンジするというところと、G大阪にモビリティの高い選手が多かったので、足が動く二見(宏志)にした。
ボランチについては(野津田)岳人もだいぶ慣れてきているが、どうしてもテンポが自分のテンポなので、時折周りのテンポに合わせてプレーをするという意味では、スピードが変わる竹内(涼)を選んだ。ポジションをしっかり取ってくれるので、縦の攻撃と幅のある攻撃が出来るようになると思った。
金子(翔太)も一番悩んだ。チアゴのコンディションも随分上がってきていたので、金子に少し我慢させて、足が動かなくなったときに金子を使う予定でいたが、大きい選手で迫力があったほうが今日はいいだろうと判断して、途中からデュークという形になった。始めからバランス良く守備をするが、先取点を取りにいくと選手には言っていたので、3枚のカードは成功したと思っている。

<Q.上位のG大阪に勝ち点1は上出来だと思うが、それを3にするためには何が必要か?>
ボールを持ったときの精度だと思う。(選手は)頑張ってくれている。だがバタバタしていてやっと(ボールを)繋げている。G大阪の選手は間を持ちながら、選びながらパスをするので、その差があると思う。
試合後のコメント
鄭 大世

鄭 大世

勝てた試合だったという悔しさはある。ただ、失点したあとの選手たちのモチベーションや雰囲気が良かったので、今日の試合に限っては前の試合で出た課題を克服できていたと思う。お互い声を掛け合あって、失点したあともハードワークできていたし、相手に押し込まれずに、前に行く時には行ったりできていた。だが、自分がキャプテンとしてチャンスの場面で追加点を取れていたら、もっとゲームは楽になっていたし、勝つ可能性は高まっていたと思う。

(2トップを組んだ)チアゴ(アウベス)は、守備のところで難しいところはあったが、あの場面で点を取ってくれて、かなり楽になった。自分が得点を取れていない状況なので、チームとしても助かった。
六反 勇治

六反 勇治

仙台に負けてからの一週間で、選手の意識は劇的に変わったと思う。自分がチームに加入してから、一番良い雰囲気でできたと思う。ただ、それだけのことは普通にできるチームだと思っていたので、それを最低限のベースにできるようになれば、G大阪のような上位のチームとも勝負はできる。勝ち点3を取りたかったが、ホームで勝てなかった中で、勝ち点1を取れたことはポジティブに考えたい。

今日の試合では、センターバックの犬飼(智也)と二見(宏志)がラインを高く設定して、前の選手がボールを追いやすくしてくれていた。後半のラスト10分を切ったくらいから、相手のセンターバックがGKに下げるプレーがあったと思うが、それは自分たちが素早くディフェンスラインを上げて、相手の選択肢を潰していった結果だと思う。そういう駆け引きができてきているので、それを90分通してこれからも続けていきたい。
竹内 涼

竹内 涼

前半から自分たちの得意な「良い守備をして、良い攻撃に入る」という形はできていたと思う。前半を耐えることができたので、それが後半の先制点につながったと思う。

(先発出場で)速さに慣れるということを意識しながら、今までチームが積み上げてきたものに上手く入っていくことを意識した。まだパスが乱れたところもあって、白崎(凌兵)にもっと良い状態で受けてもらえるようなパスを出したかったところもある。そこはやりながら修正したい。

キャンプの時から比べると、まだまだ動けるイメージはある。今日は監督が先発で使ってくれたので、もっと期待に応えられるプレーがしたかった。でも、まずは一歩を踏み出せているので、もう一度自分のプレーを振り返って次に生かしていきたい。
チアゴ アウベス

チアゴ アウベス

左サイドで松原(后)と白崎(凌兵)が良いコンビネーションをして、素晴らしいクロスからゴールを決めることができた。上手くゴール前でフリーになれたので、(シュートは)ボールが来たらダイレクトで打とうと思っていた。

(先発出場だったが)気持ちはいつもと変わらず、チームのために頑張ろうと思っていた。鄭大世選手とは、2トップを組んでいても、すごくやりやすかった。鄭大世選手は頭の良い選手で、動いてスペースを作ってくれる。そのスペースを上手く使えたと思う。アウェイの試合で、相手も上位の相手だったので、この勝ち点は大きい。次節も今日のようなゲームができれば、必ず勝ち点3は取れると思う。まだ勝てていないホームで、今度は勝って終わりたい。
犬飼 智也

犬飼 智也

前節の敗戦から学んだものもあるし、自分たちができることは出し切ろうと思っていたが、今日はそれができていたと思う。二見(宏志)選手がガツガツボールに行けるタイプの選手だったので、自分はそのカバーをして、良いバランスを取れていた。相手に、(ディフェンスラインの)裏をつく選手があまりいなかったので、ラインを高く保つのはそれほど難しくなかったと思う。このような戦い方ができれば、上位の相手でも戦えると自信になった。

失点してからのチームの雰囲気も、プレー自体も良かったと思うので、これをやり続けることが大事になる。厳しいゲームでも、耐えることができればチャンスを作ることができることが分かってきたので、それをブレずにやっていきたい。
PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.