最新試合情報

TOP SATELLITE / RESULT

ルヴァンカップ 第2節
2017年4月12日(水) 19:03 @IAIスタジアム日本平

テキスト実況

  • MF4 カヌ選手<br>(C)S-PULSE
  • MF8 チアゴ選手<br>(C)S-PULSE
  • DF27 飯田貴敬選手<br>(C)S-PULSE
  • DF15 ビョン ジュンボン選手<br>(C)S-PULSE
  • MF5 杉山浩太選手<br>(C)S-PULSE
  • MF19 ミッチェル デューク選手<br>(C)S-PULSE
  • DF33 立田悠悟選手<br>(C)S-PULSE
  • MF11 村田和哉選手<br>(C)S-PULSE
  • GK43 植草裕樹選手<br>(C)S-PULSE
  • DF45 角田誠選手<br>(C)S-PULSE
清水エスパルス 試合終了 北海道コンサドーレ札幌
清水エスパルス 0 0 前半 0 1 北海道コンサドーレ札幌
0 後半 1









得点者 [81分]進藤 亮佑
メンバー
Name No. Pos.   Pos. No. Name
植草 裕樹 43 GK スターティング
メンバー
GK 25 ク ソンユン
立田 悠悟 33 DF DF 20 キム ミンテ
ビョン ジュンボン 15 DF DF 4 河合 竜二
角田 誠 45 DF DF 35 進藤 亮佑
飯田 貴敬 27 DF MF 19 石井 謙伍
杉山 浩太 6 MF MF 10 宮澤 裕樹
カヌ 4 MF MF 16 前 寛之
村田 和哉 11 MF MF 38 菅 大輝
ミッチェル デューク 19 MF MF 44 小野 伸二
平墳 迅 46 MF FW 13 内村 圭宏
チアゴ アウベス 8 FW FW 14 上原 慎也
高木和 徹 21 GK 控え選手 GK 1 金山 隼樹
松原 后 25 DF DF 37 濱 大耀
野津田 岳人 14 MF MF 2 横山 知伸
枝村 匠馬 22 MF MF 26 早坂 良太
滝 裕太 50 MF MF 27 荒野 拓馬
新関 成弥 47 FW FW 9 都倉 賢
長谷川 悠 18 FW FW 40 藤村 怜
IN ← OUT   OUT → IN
枝村 匠馬 ← 村田 和哉[61分]
長谷川 悠 ← 平墳 迅[72分]
松原 后 ← 立田 悠悟[83分]
交 代 [57分]宮澤 裕樹 → 横山 知伸
[75分]小野 伸二 → 早坂 良太
[86分]内村 圭宏 → 都倉 賢
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
イエローカード村田 和哉[33分]
イエローカード飯田 貴敬[90+4分]
5 6 11 シュート 5 4 1 [90+1分]都倉 賢イエローカード
6 2 8 GK 10 3 7
1 7 8 CK 6 4 2
5 7 12 直接FK 13 9 4
3 1 4 間接FK 0 0 0
3 1 4 オフサイド 0 0 0
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
5,658人 晴/無風
15.7℃
67%
全面良芝/乾燥
90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
永田 亨
福島 孝一郎
田中 利幸
清水 崇之
田尻 智計
東 祐大
ハーフタイムコメント
清水エスパルス 北海道コンサドーレ札幌
小林 伸二監督

・相手のクロスボールに対するマークをしっかり。
・前線のポジショニングのバランスを気をつけよう。
・後半、良い入りをして点を取りにいこう!
四方田 修平監督

・後半の立ち上がり、集中すること。
・前半の良い部分は後半も続けよう。
・積極的なトライを意識しよう。
試合後 監督コメント
小林 伸二監督

(チーム)全体を動かして、あのメンバーでやるのは初めての形だったので、少し不安なところがあったが、どうにか良いところも出しつつ、いくつかチャンスもあったと思う。それを取れれば良かったことと、リスタートでやられてしまったのは残念だった。
個人的には新しい外国人選手、ボランチでカヌを使ったり、チアゴを前で使ったり、サイドで使ったりしたが、あまり制限を加えず表現させたところがある。半年ぶりくらいのゲームだったので、モチベーションが高かったが、ボールと体が付いていかないというところと、周りを生かすようにすること、周りを使うふりして自分が生きるとかというところは、自分が自分がということで、トゥーマッチだったのではないかと思う。ただ、スピードやパンチ力は十分見えたので、上手くリーグ戦に使えたらと思う。
残念な結果になったが、これを糧に次の日曜日のホームのリーグ戦につなげていきたいと思う。


<Q.今日の試合で良かった点は?>
村田がサイドで起点になったときに、サイドバックの立ち位置だったり、センターフォワードの立ち位置だったりがあると、もう少し生きたのではないかと思うし、十分スピードに乗ったプレーができた(こと)。チアゴがインパクトのあるシュートが打てるということ。ユースの選手(平墳)も頑張ってくれた。1回ビッグチャンスが作れたので、良かったと思う。角田が落ち着いてオーガナイズした。センターバックとボランチで獲ったカヌが落ち着いてボランチができるが、杉山との組み合わせをもう少し工夫すると、もっとお互いが生きるのではないかというところ。あと、ヘディングがやはり強いところ。実践の場は初めだったので、今後生かしていければいいと思う。

<Q.先発出場した平墳迅選手と立田悠悟選手の評価は?>
平墳については、後半に1回良いチャンスも作れたし、一所懸命頑張ってくれたと思う。(ボールが)収まるときと、ちょっとキツイときにボールを逸らすときがあるので、キツイときにしっかり自分の体の前に(ボールを)置けば、あの体だから獲られないと思う。そこの使い分けがもう少しできればいい。
立田については一番強い上原(慎也)選手と競っていたが、そこは頑張ってくれた。リスタートで(マークを)外したのはちょっと残念だったが、今後の糧になればいいと思う。もともとセンターバックなので、村田が広がったときのポジション、中に入ったときのポジションというのが、ちょっと難しかったと思う。そのあたりをもっとゲームの中で、ポジションを変えていくことができると(良い)。時折、飛び出したり、フォローアップしながら1本セカンドストライカーに欲しいパスが出たと思うが、仕事を整理させれば、もう少し良くなると思う。

<Q.チアゴ選手は現段階で70%くらいのコンディションと言っていたが、100%になったときにどのようなプレーが出てくるか?>
もう少し倒れなければいい。ということは余裕が無いということ。前に向いたプレーだけなので、フォワードで使ったときに、中では窮屈だから外に出るのであれば、パスとドリブルを使い分けることができると、あの鋭さが生きると思う。
ハーフタイムに、トップスピードになっているので、もう少し落としても大丈夫だと言ったが、まだモチベーションが高くて、何かやらなくてはいけないという(気持ちが)すごく強くて、そこがチームより個人になっているのではないかと思う。そこは工夫してきたい。
試合後のコメント
杉山 浩太

杉山 浩太

今日の試合はチームとして組織されていなかった。新しい選手もいたので、戦術的にしっかり確認してやっていかなければいけなかった。
チアゴ(アウベス)は持ちすぎたりした場面もあったが、能力が高くて、アクセントになると思う。ただ、アクセントのままではダメだと思うので、そこはチームとしての動きを覚えると、間違いなくチームの力になる。
(初戦の)柏戦に関しては、出だしはあまり良くなかったが、後半に入ってチームとして闘えていた。だが今日に関しては、あまりにも(チームとしての)狙いが見せられなかった。まだ試合は続くので、自分を含めレベルアップしてやっていかなければいけない。あとは、ホームでできるありがたさを感じながら試合をしていたが、大事にしすぎてチーム全体が堅くなっていた部分もある。もう少し、力を抜いてやれたらと思う。
カヌ

カヌ

久しぶりの公式戦で、まだ試合勘がないと感じたところもあったので、これからの練習でその部分を詰めていきたい。ただ、ヘディングという自分の特徴は出せたと思う。試合中の競り合いでも、ほとんどの場面で勝てていた。課題としては、フィジカルの部分や、技術的な部分でまだ100%ではなかったこと。日々の練習から、100%に近づけていかなければいけない。
勝ちたい気持ちを持ってピッチに入ったが、残念ながら負けてしまった。今年まだホームで勝てていないので、大宮戦では必ず勝ち点3を取りたい。
チアゴ アウベス

チアゴ アウベス

残念ながら負けてしまったが、普段試合に出られていないメンバーがほとんどの中、良い試合はできたと思う。内容ではエスパルスの方が多くチャンスを作っていたと思う。ただ、相手のワンチャンスで失点してしまったのが残念。
ミドルシュートや、フリーキックも惜しいところがあった。そこで決めたかったが、コンディションはまだ上がると思うし、これからもっとできる。ボールを受けたら、ゴールを目指していきたい。終盤はコンディション的に厳しかったが、しっかりとトレーニングを積んでいるので、これからもっと良くなっていくと思う。
飯田 貴敬

飯田 貴敬

今日は「難しい試合だったな」という気持ちが残った。組織で戦える場面が少なかった。チアゴ(アウベス)選手が前でボールを持って、自分が上がった時に、もっと(ボールを)要求しなければいけなかった。そこからカウンターを受ける場面もあったので、練習から声を出して取り組んでいかなければいけない。
自分が試合に出たら全部勝ちたいと思ってやっているので、この結果は悔しい。勝てないのは、細かい部分で原因があるからだと思う。ただ、今日の試合では守備をしっかりとやろうと思っていて、サイドで崩されるところはほとんどなかった。それは今後に向けての糧になると思う。
立田 悠悟

立田 悠悟

最終的には自分のミスで失点してしまったので、(個人のパフォーマンスとしては)良くなかったと思う。(失点シーンは)その前にブロックされていたので、動き直しに対応できなくて戸惑ってしまった。0-0の試合であのような形で失点してしまうのはもったいない。
(全体的にも)技術の部分ではなくて、(気持ちの部分で)積極的にできなかったのが悔しい。もっとアグレッシブにやっていかなければいけない。今日は(本職でない)サイドバックで出たが、自分のプレーの幅も広がると思うし、将来に役立つと思うので、これからも前向きに取り組んでいきたい。
PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.