最新試合情報

TOP SATELLITE / RESULT

明治安田生命J1リーグ 第3節
2017年3月11日(土) 15:35 @デンカビッグスワンスタジアム

テキスト実況

  • 試合開始前、黙祷する選手たち<br>(C)S-PULSE
  • 先制点を挙げたFW9 鄭大世選手<br>(C)S-PULSE
  • DF25 松原后選手<br>(C)S-PULSE
  • MF22 枝村匠馬選手<br>(C)S-PULSE
  • GK13 六反勇治選手<br>(C)S-PULSE
  • DF5 鎌田翔雅選手<br>(C)S-PULSE
  • DF3 犬飼智也選手<br>(C)S-PULSE
  • MF7 六平光成選手<br>(C)S-PULSE
  • MF14 野津田岳人選手<br>(C)S-PULSE
  • DF26 二見宏志選手<br>(C)S-PULSE
清水エスパルス 試合終了 アルビレックス新潟
清水エスパルス 2 0 前半 0 0 アルビレックス新潟
2 後半 0









鄭 大世[76分]
松原 后[90+3分]
得点者
メンバー
Name No. Pos.   Pos. No. Name
六反 勇治 13 GK スターティング
メンバー
GK 21 守田 達弥
鎌田 翔雅 5 DF DF 19 矢野 貴章
犬飼 智也 3 DF DF 2 大野 和成
角田 誠 45 DF DF 4 ソン ジュフン
松原 后 25 DF DF 23 酒井 宣福
六平 光成 7 MF MF 34 原 輝綺
野津田 岳人 14 MF MF 8 小泉 慶
枝村 匠馬 22 MF MF 13 加藤 大
白崎 凌兵 10 MF MF 18 成岡 翔
金子 翔太 30 MF FW 9 山崎 亮平
鄭 大世 9 FW FW 7 ホニ
植草 裕樹 43 GK 控え選手 GK 1 大谷 幸輝
二見 宏志 26 DF DF 24 川口 尚紀
飯田 貴敬 27 DF DF 33 西村 竜馬
フレイレ 44 DF MF 14 田中 達也
村田 和哉 11 MF MF 15 本間 勲
北川 航也 23 FW FW 10 チアゴ ガリャルド
ミッチェル デューク 19 FW FW 49 鈴木 武蔵
IN ← OUT   OUT → IN
二見 宏志 ← 角田 誠[49分]
北川 航也 ← 金子 翔太[73分]
フレイレ ← 野津田 岳人[89分]
交 代 [61分]成岡 翔 → 田中 達也
[77分]山崎 亮平 → 鈴木 武蔵
[85分]ホニ → チアゴ ガリャルド
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
1 6 7 シュート 9 6 3
2 8 10 GK 7 4 3
2 0 2 CK 2 1 1
9 6 15 直接FK 11 4 7
2 1 3 間接FK 0 0 0
2 1 3 オフサイド 0 0 0
0 0 0 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
31,014人 晴/無風
8.1℃
43%
全面良芝/乾燥
90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
小野 俊介
家本 政明
三原 純
堀越 雅弘
細尾 基
清田 聖子
ハーフタイムコメント
清水エスパルス アルビレックス新潟
小林 伸二監督

・相手のセットプレーの時、良い準備をすること。

・ボールを幅広く回すこと。

・後半立ち上がり、良い入りをしよう。
三浦 文丈監督

・守備は、最後まで集中しよう。

・攻撃は一辺倒にならず、ボールを動かせる時は動かそう。最後までやりきること。

・粘り強く我慢比べだ。残り45分、集中して闘おう。

試合後 監督コメント
小林 伸二監督

前半に比べると、後半は幅広い攻撃が少しできたのではないかなと思う。どちらも点を取るためにオープンになったところで、我々の1点目は精度が高かったと思う。
何回かピンチを食らっているので、あの辺でやられると厳しかったと思っている。(相手の)中盤のプレスバックが凄く速くて、1タッチでさばくか、コントロールしてプレスバックを待ってアングル変えたところにパスを出せるかが遅いので、つかまっていた。それとちょっとしたイージーミスが多くて、カウンターだったり、危ない場面があったので、そういうところを個人、技術、判断として自分が今どこの場所でどういう風にプレーしているかというのは必要だと思う。
メンバーを変えているので、前半は機能しないところが少しあるが、そういうところはある部分、選手にとってはチャンスであって、仕方なくだが少しずつ修正しながら、こういう形で点が取れて勝てたというのは我々にとって凄く大きいので、大事にカップ戦、ホームでのアントラーズ戦に向けて準備していきたいと思う。


<Q.野津田選手をボランチで起用した狙いは?>
練習で使ったときに、ボールが流れて、また左サイドも活性化したので、これは良いのではないか(と思った)。ただ、ボールの持ち方が足元に入った持ち方をするので、それがいきなり序盤に(ミスが)出たが、あそこは遠い方(の足で)でしっかり持つとかが必要ではないかなと思う。あと、ビハインド・ザ・ボールのポジションからボールサイドしか出ていないので、前半からあれをオープンに出すか、オープンに出すようにして縦パスが入れられるようになると、もう少し質が高くなる。その辺りを理解しているのかなと思ったが、ゲームはやはり初めてのポジションだったので、なかなか難しかったのではないかな(と思う)。ただ、あのような感じで技術があるので、飄々とするところを我慢せざるを得ないかなと今日は思った。前半も後半も決定的なミスをしたので、あそこで(点を)入れられると厳しい。今日はそういう意味でラッキーだったなと思っている。
試合後のコメント
鄭 大世

鄭 大世

これまでの2試合で失点が少ないというのは、まだ半信半疑のところもあったが、全員が守備をすれば守れるということを(今日の試合で)確認することができた。自分としては、攻撃を犠牲にして守備を一所懸命やれば、最後にお返しが来るということも再認識できたと思う。
(1点目の枝村匠馬からのクロスは)正直に言うと、予想していなかった。「ニアに来るかな」と思って、ニアに走ろうと思ったが、枝村(匠馬)から良いボールが来た。だから、逆に戸惑って一瞬遅れてしまったところがある。少し当たり損ないだったが、ひねってうまく押し込めたと思う。
終わってみれば(相手は)まだ調子の出ていない広島、新潟からの勝利。その相手に連勝することはもちろん大きいが、これから強豪チームを相手に、自分たちがどれだけ戦えるかということが大事になる。今日の結果に一喜一憂せずに、足元を見据え、地に足をつけて戦いたい。
枝村 匠馬

枝村 匠馬

両チームともにチャンスはあったが、自分たちの方がしっかり決めたという試合。(得点につながった)クロスは「あの辺りに落とそう」とイメージで上げた。六平(光成)から素晴らしいボールが来たので、それをつなげるだけだった。
チームとしては、守備の部分で粘り強くなってきていると思う。(攻撃でも)ボールも上手く回っていた。(課題は)今のところない。欲を張らずに、このまま続けていきたい。
(今日の試合は)まだ相手が仕上がっていなかったし、(リーグ全体を見ても)仕上がっているチームはあまりない。それを上手く拾えたと思う。
犬飼 智也

犬飼 智也

角田(誠)選手が交代をしてしまったが、代わりに入った二見(宏志)選手も普段通りのプレーをしていたし、声を出し合いながら上手くやれたと思う。
新潟は前から来ると思っていたし、球際に強いチームだということは分かっていた。だからこそ、そこを外せることができれば自分たちのチャンスになっていた。ただ、逆にそこを狙われた時はピンチになることもあるので、そのカウンターに対しては気をつけていた。ホニ選手は一発狙っている感じだったが、センターバック、ボランチと上手く対応できたと思う。
あとは、我慢して自分たちの時間をもう少し作ることができれば、もっと楽に守ることができると思う。
野津田 岳人

野津田 岳人

今日の試合は、ボールを受けることや、(守備の部分で)相手のスペースを消すというところは、手応えがあった。だが、もっと縦にクサビを入れたり、サイドに振ったり、自分が前に出たりというところが少なかった。監督から「リスク管理をしろ」という話があって、そのバランスを考えすぎた面もあると思う。結果的に勝利につながったことは良かったが、少しずつ自分の良さを出していけるようにしたい。
(古巣との対決は)へんな感じがしたが、やっていて楽しかった。(ポジションを変えながらでも)試合に出られることは嬉しいし、どのポジションで出ても結果を出せるようにしたい。これからも、与えられたポジションで、求められること以上のことをできるようにしたいと思う。
松原 后

松原 后

(得点のシーンは、北川)航也が良いボールを出してくれたので、感謝している。(守備のリスクは)考えなかった。チャンスだと思ったので、気がついたら走っていた。もっとしっかりと決めたかったが、それでも追加点を挙げられたことは大きかったと思う。
ただ、今日は自分のプレーとしては納得がいかない出来だった。ボールが収まらないし、相手にも警戒されて良いプレーができなかったと思う。矢野貴章選手の足の長さに戸惑って、どのように仕掛ければ良いのかが、自分でもつかめなかった。また次に対戦した時に、上手くやれるようにしたい。
連勝できたことはチームとして一番良いこと。このまま次の試合も勝って、もっと勢い付けて上位をキープしたい。
PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.