最新試合情報

TOP SATELLITE / RESULT

明治安田生命J1リーグ 第2節
2017年3月4日(土) 14:04 @エディオンスタジアム広島

テキスト実況

  • DF25 松原后選手<br>(C)S-PULSE
  • DF3 犬飼智也選手<br>(C)S-PULSE
  • MF22 枝村匠馬選手<br>(C)S-PULSE
  • MF7 六平光成選手<br>(C)S-PULSE
  • DF5 鎌田翔雅選手<br>(C)S-PULSE
  • MF10 白崎凌兵選手<br>(C)S-PULSE
  • MF30 金子翔太選手<br>(C)S-PULSE
  • MF44 フレイレ選手<br>(C)S-PULSE
  • MF6 杉山浩太選手<br>(C)S-PULSE
  • 今季初勝利をサポーターと喜び合う選手たち<br>(C)S-PULSE
清水エスパルス 試合終了 サンフレッチェ広島
清水エスパルス 1 0 前半 0 0 サンフレッチェ広島
1 後半 0









鄭 大世[53分]
得点者
メンバー
Name No. Pos.   Pos. No. Name
六反 勇治 13 GK スターティング
メンバー
GK 1 林 卓人
鎌田 翔雅 5 DF DF 33 塩谷 司
犬飼 智也 3 DF DF 5 千葉 和彦
角田 誠 45 DF DF 4 水本 裕貴
松原 后 25 DF MF 14 ミキッチ
六平 光成 7 MF MF 29 森島 司
フレイレ 44 MF MF 15 稲垣 祥
枝村 匠馬 22 MF MF 16 清水 航平
白崎 凌兵 10 MF MF 7 茶島 雄介
金子 翔太 30 MF MF 10 フェリペ シウバ
鄭 大世 9 FW FW 50 工藤 壮人
植草 裕樹 43 GK 控え選手 GK 21 廣永 遼太郎
二見 宏志 26 DF DF 2 野上 結貴
飯田 貴敬 27 DF MF 28 丸谷 拓也
杉山 浩太 6 MF MF 3 高橋 壮也
村田 和哉 11 MF MF 30 柴崎 晃誠
北川 航也 23 FW FW 31 宮吉 拓実
ミッチェル デューク 19 FW FW 22 皆川 佑介
IN ← OUT   OUT → IN
北川 航也 ← 鄭 大世[74分]
杉山 浩太 ← 枝村 匠馬[88分]
ミッチェル デューク ← 金子 翔太[90+3分]
交 代 [56分]茶島 雄介 → 柴崎 晃誠
[70分]森島 司 → 宮吉 拓実
[77分]稲垣 祥 → 丸谷 拓也
警告・退場 45 90 DATA 90 45 警告・退場
5 3 8 シュート 10 6 4
5 8 13 GK 9 4 5
3 1 4 CK 4 2 2
3 0 3 直接FK 6 3 3
0 1 1 間接FK 1 1 0
0 1 1 オフサイド 1 1 0
0 1 1 PK 0 0 0
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
13,489人 晴/弱風
17℃
29%
全面良芝/乾燥
90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
安間 和仁
佐藤 隆治
山内 宏志
清水 崇之
池内 明彦
赤木 健司
ハーフタイムコメント
清水エスパルス サンフレッチェ広島
小林 伸二監督

・イージーミスは流れが変わるので気をつけること

・テンポ良くパスを回して、ポジションをとること

・後半良い入りをしよう!
森保 一監督

・攻撃はシンプルに

・守備はポジションからアプローチすること

・切り替えを速くすること、球際にもっと強くいくこと
試合後 監督コメント
小林 伸二監督

前半はボールを取った後に、もう少し丁寧に繋げれば良かった。どうしてもキープ力が広島の方が高いので、どうやって取っていくかということでは、2トップが上手く守備をしながら、(相手)アンカーのところをボランチが上手く、何回か引っ掛けたが、その後が続かなかった前半。
後半は立ち上がりから相手に合わせることなく、自分たちのリズムで立ち上がったことは良かった。あのような展開になって、辛抱強く守備ができたということを評価したいと思っている。
なかなか勝つというのはJ1返り咲いて初めてのゲームということで、どのくらいできるか分からないところがあるので、何よりも勝つというのは次に繋がるという意味で良かったと思う。
また新しくボランチを組んだ2人(六平、フレイレ)と枝村、金子の活躍というのは、ずいぶんチームを助けたと思う。


<Q.今日の試合の中で見えた課題は?>
ボールを取るということが、だいぶできるようになったと思う。(だが)その先がイージーミスが多いので、そこを前に繋ぐのか、あまりプレッシャーがないので、そんなに急がなくても後ろでキチっと繋げれば(良かった)。後半も取った後のイージーミスが多くて、そういうところの精度を上げていかなくてはいけない。
また、前半は(攻撃で)何回かバイタルが使えているので、六平が持ったときに(相手)ボランチが食いつくと、あのようなことができるようになってきたので、そこは良かった。六平もサイドバックから、今シーズン初めてボランチをやったが、良い活躍をしたと思っている。

<Q.鄭大世選手を交代した理由と戦い方は?>
始めからキツイなというのはあった。本人も足が攣ってきていると言ってきたので、(FWの)どちらか1枚代えなくてはいけないということで、広島が攻めるのをいかに取るかということでいくと、北川の飛び出しが生きるのではないかと(思った)。
金子と北川であれば、(相手の)1枚のアンカーは抑えながら、センターバックにプレスをかけることができると思うし、そういうことをやってきているので、あまり心配しなかった。あとは取って飛び出せればいいということを本人には要求を(した)。また、(相手の)コーナーキック、フリーキックのときの鄭大世の存在は大きいので、そこのスペースマークをしっかりやるということはチームとしてすごく大事なところだったのを、よくやってくれた思う。
試合後のコメント
鄭 大世

鄭 大世

広島は遠かったが、しっかり勝ち点3を持って帰れるのは良かった。今日は開幕戦と違って、堅さもなかったし、前半は前から押し込むこともできた。枝村が前を向いて(ボールを受けて)くれるので、攻撃の時に楽になったし、チャンスもたくさんできたと思う

(PKのシーンで)ゆっくりと時間を取るのは、去年と同じように相手GKにプレッシャーを与えるという意味で、自分の中でルーティンとしてやっている。練習の時の方が、むしろ緊張する。試合になったら落ち着いていて蹴れている。それはゴール後の表情を見てもらったら分かってもらえると思う。

広島相手であってもフォワード2人が守備をすれば、相手はなかなか崩せないなというのを、今日の試合でも神戸戦でも感じた。それは自信になっている。

今日は大きな勝ち点3だと思う。(次節の相手新潟は)叩いておかなければいけない相手。終盤の勝ち点1も、今の勝ち点1も同じ勝ち点1なので、(今から)背水の陣で危機感を持って、次の試合も確実に勝ち点を持って帰りたい。
枝村 匠馬

枝村 匠馬

今日の試合は、粘り強く勝ったという印象。(初先発だったが)0-0でも良いので、とにかく勝ち点を取れるようにしようという気持ちで、試合に入った。(パフォーマンスとしては)最低限の出来。守備を意識して入ったが、まだ攻撃は形ができていない。それは、これからという感じになると思う。

勝ったことは良かったが、リーグはまだ始まったばかり。(課題としては)J1はプレスが速いので、ボールを持った時になかなか繋げなかった部分もある。ただ、まだ序盤なので、それは想定内。チームとして守備をしっかりやるようになったので、最低でも引き分けに持っていけるチームになっていければと思う。あとは、そこからどうやって(攻撃に)行くかということになる。
六反 勇治

六反 勇治

今はまだ勝利を勝ち取ったというよりは、開幕戦の負けを取り返したという感じの方が強いのかなと思う。ただ、今週は、練習からみんなが競争をしていたし、しっかりとしたトレーニングができていた。それを試合でも出すことができれば、いつも話しているように、必ずJ1でも上位にいけると思う。今日の勝利で、また1つチームとしてステップアップできたのかなと思う。

1ー0になってからもしっかり守れていたと思うし、2ー0にするチャンスもあった。押し込まれる時間もあったが、J1であればどのチームもそういう時間がある。それでも、アディショナルタイムまで失点しないで乗り切れたというのは、攻撃が売りのエスパルスとしては、ここからさらに良くなっていくと思う。
金子 翔太

金子 翔太

今日の相手は、前からプレッシャーをかけて奪える相手ではなかったので、自分たちの間を通されないようにしたり、プレスバックしたりと、その部分をしっかりやろうと思った。あとは、3バックの1枚が上がってきた時は、横からも後ろからもプレッシャーをかけたり、細かいポジション修正や、ボールの流れを読むことも心がけた。結果的にゼロで抑えられたのは良かったと思う。

広島には勝てるイメージがなかったが、今日はしっかり守れていたし、自分たちのカウンターは狙い通りの形が3、4回あった。そのあとのラストパスの精度とか、シュートの質などは高めていければもっと良くなる。個人としては、一人でシュートに持っていくとか、もっとエゴを出していくことが必要になってくるのかなと思った。
松原 后

松原 后

組織的に守り抜いたからこそ、ああいう(PKの)チャンスが来たと思う。鄭大世選手がしっかりと決めてくれて、チームが勝てたことは大きい。

(シュートブロックのシーンは)あの位置から絶対に打たせてはいけないので、自分が行くしかないと思った。失点は絶対にしたくないので、体が動いた。組織的な守備は、去年築き上げたものがある。その守備でしっかり守り抜けたというのが、今日の1番の収穫だと思う。

今日は「疲れる試合になるな」と覚悟はしていたが、相手のサイドに特徴のある選手がいた方が、やっていても楽しい。1度抜かれてしまったが、それ以外は守れていたと思う。サイドで一対一の局面が多いので、そこでどれだけ自分の能力が試せるのかというところを楽しみにしている。でも、今日の試合に関しては、攻撃の形ができなかったので、そこが満足できない。
PAGE TOP

当サイトに掲載している記事・写真・画像などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) S-PULSE All Rights Reserved.